【ドキュメント翻訳】アプリの構造と動作

アプリのエントリポイントとトップレベルの組織を定義します。

Overview 概要

アプリプロトコルに準拠する構造を作成してアプリを宣言し、それに1つ以上のシーンを追加します。

WindowGroupなどの組み込みシーンを使用することも、Sceneプロトコルに準拠するカスタムシーンを作成することもできます。

シーンには、アプリのユーザーインターフェースを定義するビュー階層が含まれており、システムが管理するライフサイクルがあります。

CommandMenuインスタンスを適用して、メニューコマンドをシーンに追加します。

CommandGroupを使用して、システムが提供するメニューを更新することもできます。

コマンドのキーボードショートカットを提供すると、iOS、iPadOS、およびtvOSはそれらをキーコマンドとして使用できるようにします。

SwiftUIを使用してWidgetKitと連携し、アプリにウィジェットを追加できます。

ウィジェットを使用すると、アプリから関連コンテンツに素速くアクセスできます。

ウィジェットプロトコルに準拠する構造を定義し、ウィジェットのビュー階層を宣言します。

アクションを呼び出すことにより、システムの他の部分と対話します。

例えば、OpenURLActionインスタンスを使用してURLを開くことができます。