SwiftUIドキュメント翻訳

原文

SwiftUI

全てのプラットフォームでアプリのユーザーインターフェースと動作を宣言します。

Overview 概要

SwiftUIは、アプリのユーザーインターフェースを宣言するためのビュー、コントロール、およびレイアウト構造を提供します。

このフレームワークは、タップ、ジェスチャー、その他の種類の入力をアプリに配信するためのイベントハンドラーと、アプリのモデルからユーザーが表示および操作するビューやコントロールまでのデータの流れを管理するツールを提供します。

アプリプロトコルを使用してアプリの構造を定義し、アプリのユーザーインターフェースを構成するビューを含むシーンを入力します。

ビュープロトコルに準拠する独自のカスタムビューを作成し、スタック、リストなどを使用してテキスト、画像、カスタムシェイプを表示するためにSwiftUIビューでそれらを構成します。

組み込みビューと独自のビューに強力な修飾子を適用して、レンダリングと対話性をカスタマイズします。

複数のプラットフォーム上のアプリ間で、コンテキストとプレゼンテーションに適応するビューとコントロールを使用してコードを共有します。

SwiftUIビューをUIKit、AppKit、およびWatchKitフレームワークのオブジェクトと統合して、プラットフォーム固有の機能をさらに活用できます。

SwiftUIのユーザー補助サポートをカスタマイズしたり、アプリのインターフェースを様々な言語、国、文化圏にローカライズしたりすることもできます。