将来のための道具

将来ずっとゲームを作り続けるためにも、voxelartというエディタを完成させておくのは意味がある。

ゲームを作る道具のうちの1つにキャラクターデザインをする道具が必要ですが、それを作っています。ボクセルでキャラクターを作る作風にします。

もう1つの道具として、スクリプト言語を作っておくとゲームを作りやすくなるかもしれません。僕はRabbitというスクリプト言語を作ろうとしています。作るのがちょっと難しそうなのですが、なんとか形にするために集中力と時間を注ぎ込もうと思います。

まとめ

将来のために、この2つを2021年に完成させます。